OUR DREAM

1998年にスタートした原爆ドーム前の元安川を舞台にした平和コンサートは、今年で24年目を迎えます。
原子爆弾が落ちた年から、76年。
これまで数え切れない人々が平和記念公園を訪れ、今では焼け野原からは想像もできない、
緑あふれる街へと変わった広島。 それは力強い、世界の希望の象徴です。

焼け野原だった状態から人々はどのようにして、今をつくって来られたのでしょうか。
それは、沢山のひとの"夢の集合体"ではないでしょうか。
人間のもっている夢が、ほんとうは皆同じものなのだと感じられさえすれば、
私たちはどんなことでも美しくつくり変えてゆけるのだと、
この大地は、世界に語りかけているように思います。

あらゆるアートは、人間を一瞬にして裸にしてくれます。
思想や宗教、言語や階級など様々な壁を超え、裸のこころで結びつけてくれます。
私たちone dreamは、その無限の可能性を使い、皆で楽しく生きたいと願う、
誰もが持っている夢を集め、希望の象徴としてのONE DREAMを、
今後も開催してゆきたいと思っています。

誰もがこころに持つ"ONE DREAM"を未来へとはこぶ、無色透明な容器として。
生命が助け合い、愛であふれる地球=大きなひとつの夢を目指して。

ONE DREAM 2019 イラスト

HISTORY

『音楽は、すべてを超えて人類がなかよくなれる、天からの贈り物』

ONE DREAM HISTORY

原爆ドーム前の元安川対岸を舞台にした平和コンサートの始まりは、1998年に遡ります。1998年、奈良県出身のジャズピアニストの河野康弘氏が、原爆ドーム前でコンサートをしたいと思われました。

その思いを地域づくりやアート関係者に伝えていく中で、賛同する有志が集まり実行委員会が立ち上がり、1998年8月5日、ビリーホリデイ氏の伴奏者であった米国のジャズピアニストのマル・ウォルドロン氏を迎え、第1回平和コンサート「地球ハーモニー」が被爆ピアノを使い、はじまりました。

2000年には世界的チェリストの一人であるヨーヨー・マ氏を迎え、2012年まで「地球ハーモニー」は毎年開催され、平和コンサートが原爆ドーム前の風景として定着するための礎となりました。

その後2013年、広島の若手アーティストの有志が「地球ハーモニー」を継承し「HIROSHIMA 8・6前夜 PEACEコンサート」を開催。若手が企画運営の主体となる流れを作り出しました。

そして2015年、それまで続いてきた「地球ハーモニー」「HIROSHIMA8・6前夜 PEACEコンサート」の思いを受け継ぎ、音楽・パフォーマンス・トークなどあらゆる表現をアートととらえ、様々な人々の夢をアートで束ねる新しい試みとして「ONE DREAM」はうまれました。

ONE DREAM HISTORY

SUSTAINABILITY

~ アートで繋がる世界 ~

掲載元:国際平和拠点ひろしま

平和記念式典前日8 月5 日のONE DREAM 会場周辺
一般社団法人one dreamは、SDGs達成に貢献することにコミットしています。

日本が定めた8つの優先課題に対し、「7. 平和と安全・安心社会の実現」「8. SDGs実施推進の体制と手段」に寄与します。
SDGsに対する取組は、目標とする指標を毎年設定し、定期的にレビューします。

一般社団法人one dreamは1998 年に始まった8月5日の原爆ドーム前を舞台にした平和コンサートを継承し、2015年からピースイベント「ONE DREAM」を開催しています。
多くの人は無意識のうちに言語や階級、思想や宗教など、環境や考え方の違う他人との間に壁を作りながら生きています。
私たちは、世界的観光地でもある原爆ドーム前と宮島において、SDGs をテーマにしたアートワークショップや音楽ライブ、トークショーや美術展示、平和構築活動の紹介や展示ブースなど、国内外の様々な表現活動の紹介を行うことで、様々なエリアからの人々が国際平和拠点ひろしまで多様な価値観に触れられる場をつくり、人と人があらゆる壁を超え共感しあえることを目指しています。
それと同時に、SDGs を指針とするこのイベントを行政・企業・出演者・来場者とが協働して作り上げることにより、GOAL17 のパートナーシップの活性化を目標としています。

SDGsポイント

SDGs を多くの人に知ってもらうには、まずSDGs の考えを理解してもらわなくてはならないと思っていました。しかし、one dream を取材させてもらい、私の考えは少し変わりました。SDGs の考えってこんなにも単純なことだったのだと。理解するしない関係なく、日々の生活で私たちが誰かを思ってするその活動は、SDGs の目標達成に貢献できているのではないかと思いました。one dream は活動を通して、多くの人に自分の活動は小さいながらも世界にSDGs の実現化に貢献しているのだと自信を与えるような力をもつ団体だと思います。

一般社団法人one dream
広島市中区八丁堀3-1 幟会館2階

協賛・寄付金のお願い

Make a donation or be a sponsor!

ONE DREAMは
みなさまからのご協力によって運営されています。

一般社団法人 one dreamは、2015年4月にスタートした非営利の団体です。
毎年8月5日の広島平和記念公園・親水テラスでの『ONE DREAM hiroshima』をはじめとした、イベントの制作・運営を行っています。
『ONE DREAM hioroshima』『ONE DREAM miyajima』は収益を伴わない事業につき、みなさまからのご協力によって運営されています。
今後も、より充実したイベントが継続できるよう、ご協力いただける企業さまを随時募集しています。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ odart@outlook.jp

より良いイベント運営のため、
企業・団体・個人の皆様から協賛金を募っています。

ご協賛は下記の口座までご送金ください。

ONE DREAM
operates with help from all of you.

one dream is a non-profit organization that started in April 2015.
Every year, we produce and hold events such as ONE DREAM hiroshima at the Hiroshima Peace Memorial Park Water Terrace on August 5th.
ONE DREAM hiroshima and ONE DREAM miyajima are non-revenue operations held thanks to your support.
We are always looking for companies to cooperate with us so that we can continue to offer more fulfilling events.
Please feel free to contact us.

Contact: odart@outlook.jp

We invite companies, organizations, and individuals to sponsor us for better event operation.

Please forward your remittance to the following account.